施工事例‎ > ‎

Conrad Observatory Phase II

Owner : ZAMG 
General contractor : ÖSTU - STETTIN
Consultant : iC consulenten Ziviltechniker GesmbH
Application : Non metalic rock support
FiReP Solution : GRP mesh, GRP bolts
Construction date : 2010 - 2011 
Excavation method : NATM 
Products : FiReP GRP Powermesh; FiReP K60-35, 25mm GRP Powerthread; L= 6.0m, 4.0m and 3.0m; FiReP GRP Nuts and GRP Plates 
General information : Conrad 地磁気観測所の第2工程 では約1‘500 m の地下道に地磁気測定機器と電子機器類を保管するスペースが必要でした。 難しい石灰岩層であったため、地下道はNATMに基づいて建造されました。 特に鉄製補強資材のような磁気を帯びる製品は、建造過程においても使用を避けなければいけませんでした。それゆえこの事業にはGRP資材とプラスティック資材のみの使用が可能でした。約10.000 m²の広さの難しい土地条件地域にFiReP GRP Powermesh が吹き付けコンクリート補強のため使用されました。更に直径25mmの FiReP GRP Powerthread ボルト がGRP ナット と プレートと共に設置されました。

Jobsite Photos